手当てを稽古するということ

生きる身体へ整える手当て師 あまるめ仁志 です。

手当てを稽古するということ。

レイキは訓練不要といわれてますが、手当ては稽古が必須です。

それはなぜでしょう?

手当てをする本人が今のままでは、今の届く範囲でしか、相手に氣が伝わらないからです。

でも、手当てしていると、届かない事がたくさん出てきます。

その時、ただ手を当てていても、深い処に届く事はありません。

より深い処に氣を届けるためには?

自身の身体を、稽古で少しずつ紐解いていくこと。

感じてなかった身体を、稽古で発見して感じられるようにしていくこと。

そんな事が必須になっていきます。

これを一人でやるのは、至難のワザです。

余程の天才でない限り、わたしのような凡人には稽古は必須ですし、

凡人だからこそ、出来る手当てがあったります。

45E850AC-B048-4C61-954C-F9AECB1F5A41.jpeg

▶︎レイキ伝授の個人体験は随時受付してます。
https://tenohira.tejas.co.jp/index.php?仙台市_レイキ伝授

▶︎身体・氣・感覚を整える手当て実践体験【レイキ手当て伝習会】
https://coubic.com/suina_calendar/799992

▶︎太極拳と武術の体験指導 1000円デス。
https://tenohira.tejas.co.jp/index.php?Wushu

●身体と心と氣を整える LINE@
手当て師 あまるめ仁志 の公式LINE@です。
ご相談・お問い合わせメッセージは24時間受付してます。

お問合せ

ID:@tenohira0207

家庭内やセルフケアで役立つお手当て法や身体の扱い方を、週に数回お届けしています。
ご予約やお問合せも、LINEメッセージからどうぞ。
記事の内容のご質問、ご相談なども大歓迎です。

★ブログランキングへ

ブログ村 レイキ

コメント


認証コード5965

コメントは管理者の承認後に表示されます。