●公式LINEアカウントのご案内

手当て上クリック

身体の扱い方、身体感を育てるヒントを配信。お問合せ・ご予約もLINEメッセージからどうぞ。

ある日の手当て(ブログより抜粋)

◆◆◆ 身体と向き合う ◆◆◆

午前中は、ご紹介頂いたお2人の手当てを。

手当てを初めて受けられる方には、必ずお話しする事があります。
それは、手当ては治療ではなく、身体を整えるものだという事。

そして、手当てをしたら終わりではなく、
手当てをしてからが身体と向き合う始まりなんだという事を、お話しします。

一度の手当てで、痛みが抜けたり、動かなかった腕が動いたり、身体が楽になることもあります。

逆に、身体が重たくなったり、痛みのなかった処に痛みが出たり、吐き気が来たり、下痢になったり、咳が出始めたりする事もあります。

どちらも、身体の内側が働き出して起きる事なのですが、
治して貰えると思っていた場合、戸惑うクライアントさまもいます。

だからこそ、身体を感じてもらうためのアドバイスやお話、
必要なときは身体の稽古を一緒にしていきます。

身体を整え、自身の身体と初めて向き合うそのとき。
目に見えない何かが、身体の佳いという感覚に沿って、動き出しています。

◆◆◆ 諦めていた家族との関係 ◆◆◆

午後に手当てに来ていただいたクライアントさま。

初めて手当てに来た時は、諦めていた家族との関係。
それが、手当てを受けながらご自身でも尽力され、とても良い方向に進み出したとご報告を頂きました。

身体を整えていくと、外との関係が変化していく。
手当ての不思議な処です。

◆◆◆ 凝りに隠れているもの ◆◆◆

午前中は、クライアントさまお二人に手当てをしました。

なかなか取れないという肩こりや頸筋、肩甲骨や背中の張りなどへの手当てでした。
手当てをするたび、氣になる凝りや痛みの場所、深さが変わっていくのです。

肩や背中の凝りや張りというのは、様々な表情をしてます。
例えば、肩や肩甲骨まわりの背中全体が凝っていると感じている処。

触れてみると、皮膚も張っていて、全体が盛り上がるようで、どこが凝ってるのかボヤけた印象があります。

手当てを進めていくと、ひと皮剥けたように皮膚とその下が弛み、その奥にはまた違う凝りの表情を現してきます。

その時、全体が凝っているという感じではなく、此処が痛い、此処が凝っていると自覚できるようになります。

そして、また手当てを進めます。
すると、またひと皮剥けたように凝りの表情が変わります。

そのうち、硬く寄り固まったような芯みたいな凝りが現れてきます。
まるで、タマネギの皮を一枚ずつ剥くように、肩こりなどは一歩ずつ解けていきます。

あるいは、何年も掛けて被せてしまった息の詰まる鎧を、少しずつ剥ぎ取っているかの様です。
決して、押し揉む事はしません。

揉んだり効果だけを求めて凝りを操作しても、必ずまた元に戻るのと、身体の感覚をさらに鈍らせてしまいます。
凝りには、そこから現れる表情や声があります。

そこを感じて、何が凝りを生んでいたのかに氣付き、自身の思い込みも剥いで新たにしていきます。
すると、肩こりという現れ方に変化が出てきます。

◆◆◆ 身体に感覚が戻ってくると ◆◆◆

今日最後のクライアントさまは、福島県いわき市から来てくださいました。

最初は左肩や左頸が痛かったのに、お身体に触れると右側がひどいのです。
でも、右側には痛みも凝りも感じてないのです。

手当てを進めて行き、右側に感覚か戻ってくると…
今度は右側に痛みが出てきて、右側が凝っていたことを初めて自覚出来た様子。

マッサージにいくと、酷く凝ってますね!といつも言われるのが嫌で、行かなくなったとか。
でも、そのマッサージでは右側の凝りは指摘されていない様子。

一体、何に触れて何を感じてマッサージしていたのか?不思議なものです。
そのほか、過去の足首捻挫や膝の打撲、スネ剥がしなどの手当てを。

その後、膝の向きの合わせや鳩尾の緩め、背骨のワークなどをお伝えして、終了。
今後お身体へ向き合っていくことに、役立てて頂ければ幸いです。

◆◆◆ 身体の視点から観る ◆◆◆

痛みや病、苦悩があるとき。
それを取り去りたいと思うのは、普通だと思います。

でも、身体視点から感じてみたとき、整うために出ている痛みだったりする事があります。
痛みや病が身体を整えるために現れるのは、身体が大自然を宿しているからなのかもしれません。

それをコントロールしようとするのもまた、人だからこそ。
でも、手当ては身体視点なのでコントロールはしません。
その痛みや悩みと共に、身体が息深くなるようにしていきたいのです。

その結果、

治すわけでもないのに、痛みや病が去っていたり、
思わぬきっかけで悩みが解けて行ったり、
あるいは、痛みがありながらも動けるよなったりします。

今日もそんな身体を感じ取りながらの手当て。
何とも理解しがたい手当てですが、
感じていると身体からいろいろ伝わってくるものです。

◆◆◆ 身体の稽古と手当の日 ◆◆◆

今日の午前中は、身体の稽古と手当てを。
身体使いの稽古では、自分の身体を動かすとチカラは生まれない事を稽古しました。

可笑しな話しなのですが、例えば腕を上げようとするとき。
もちろん動かそうとして腕はあがります。

では、そこを軽く抑えられていたら?
腕を緊張して頑張っても、腕はあがらなくなります。

では、腕自体は放っておいて、周りの風景に注目してある事をしながら腕を上げてみると?
先ほどと違って、上げていく事が出来ました。

身体って不思議なのは、肉体に意識を集中させればさせるほど、動かしにくくなります。
動かしにくいから、筋力の大きさが頼りになります。

でもその時、息は詰まっていて苦しいのです。
そこを、風景に注目してある事をすると、息は詰まらなくなります。

そんな事をいくつか稽古して、最後に合気上げみたいな腕あげにチャレンジしてもらいました。
丁寧に、感じる事をしていくと、無事に腕をあげる事が出来ました。

この身体使いは、武術の套路(型)でも稽古法として伝わってます。
昔は秘伝だったらしい、ゆっくりと動く稽古でこの身体使いを練る事が出来ます。

身体の稽古の後は、手当て。
今日の身体使いの稽古は、簡易な導入部でしたが、スポーツや日常でも活用可能なもの。
ぜひ、日々の中で活用してください。

◆◆◆ 抜け切らない痛みが伝えていること ◆◆◆

夕方は急遽、手当てが入りました。
旦那さまが帰宅したら、奥様が身体の痛みを訴えて辛そうにしていたとの事。

お身体を観ると、何というか色んな事をしまい込んで来たお身体なんです。
そういう事を身体から感じながら、手当てを進めていきました。

抜け切らない痛み、変化した張りや感覚。
身体が変わるのは、順番というか道筋というか、流れというか。
そういう感じのものも関わっています。

今ここですぐに痛みが消える。
そんな事もあるけど、そうではない事もあります。

待つものは待って、取り組むべきものは取り組む。
そんな身体への態度が、まずは大切なような気がします。

またお身体を感じながら、整えていきましょう。


身体の息を深め、身体をととのえます。

auto-xgWcHV.jpg

手当ては、治療や困難の解決法ではありません。

身体の息を深め、ととのえて行くものです。

息の深まりと共に、身体には潜在的な感覚と氣が現れて、身体がととのって行きます。

身体がととのうと、停滞していた病や症状が経過して、よい方向に向かって進みます。

身体がととのうと、苦悩や悩みなどの息詰まりを乗り越すチカラが生まれ、それは身体に根付いていきます。



身体が変わると、あなたが変わります。
あなたが変わると、あなたを取り巻くモノも変わります。

悩み苦しんでいた病や症状も、人間関係も。

氣が付いてみると、佳い方に変わっていた。

身体をととのえていくと、そんな改善が生まれていきます。


こんな身心のお悩みの方が多く来処されます。

当処には、本当に様々な身心の悩みをお持ちの方が来処されます。
そして、多くの方々の共通点は、社会や家庭の中で本当に色々な思いを背負って頑張って来た方々だという事です。

ですが、その強い意志であるが故に、身体と心の感受性を眠らせて耐えてしまう事が多いのです。

だから、まずはあなた自身の身体の感覚を取り戻す事が第一歩です。

いのちと繋がり、自分だけでなく他者とも調和して生きていける為に。
まずは、手当てで身体をととのえ、身体感を取り戻していくことから始めていきます。

auto-StArQo.jpg auto-uBGMEl.jpg auto-0bNQRT.jpg auto-djwlz5.jpg

(手当ての事例)

肩こり、首こり、腰痛、肩甲骨の違和感・痛み、頭痛、眼精疲労、背筋痛、股関節痛、膝痛、三叉神経痛、帯状疱疹、慢性皮膚炎、動悸、突発性難聴、腕が上がらない、事故の後遺症による関節の可動域制限、手足の動きが悪い、手足のしびれ不眠、猫背、身体の過緊張、胸のツカエ(息苦しさ)、血圧上昇、対人関係の不安、不登校、引きこもり、うつ症状、フラッシュバック、過呼吸、トラウマ、妊娠中のケア、出産後のケア、逆子・・・その他の不定愁訴

手当て御礼

【初観料(初回のみ)】
2,000(税込み)
初回問診のほか、お身体の見立て、改善までの見通しなどのお話しと、手当ての進め方のご提案を行います。(概ね30分)


【手当て施術】

60分 6,000(税込み)
→ 身体をととのえる手当てのほか、必要に応じて身体づかいのアドバイスを行います。
※身体の稽古では、より詳しい身体づかいについてお伝えしていきます。


【身体の稽古】

60分 6,000(税込み)
→ スポーツの動作改善指導全般、故障を減らす身体づかい指導を、自然発生している感覚から紐解いて詳しく行っていきます。
※手当てと身体の稽古の組合せの場合、別途御礼をご案内しています(下記参照)


【その他】

遠隔の手当て 1回 5,000(税込み)
→ 遠隔の手当て詳細はこちら

手当てと身体の稽古 1回 9,000(税込み)
→ 手当て施術と身体の稽古の組み合わせです。手当てを受けながら、身体づかいと心身の癖の改善を進めます。

手当てと身体の稽古(1回)+遠隔の手当て(1回)10,000(税込み)
→ 手当て施術(直接1回、遠隔1回)と身体の稽古の組み合わせです。手当てを受けながら、身体づかいと心の癖の改善を進めます。無自覚の癖も改善するため、月単位で取り組んでいきます。

※上記についても初回のみ、初観料2000円がかかります。


出張での手当て施術も承ります。
>>こちら


毎月継続して身心改善に取り組めるよう、上記以外にも組み合わせのご提案をしています。遠方の方やお時間の無い方には『遠隔の手当て』との組み合わせなど、柔軟にご提案しています。
詳しくは、お問合わせ下さい。

F0A8CE4A-F3DC-4556-9006-5B70F0FA8BF7.jpeg



手当てのご依頼は、基本的にお断りする事はありません。

ですが、下記のようなご希望には手当ては合わないかと思います。



✔️マッサージのような揉みほぐしがご希望の方。
⇒ 揉みほぐしせずとも、緩みます。

✔️ボキボキと鳴らす施術がご希望の方。
⇒ 骨格矯正やアジャストでは、身体は整いません。

✔️とりあえず痛みだけ取って欲しい、一回で治して欲しいという方。
⇒ 痛み取りや病治しより、元となった身体づかいや集中の癖に氣が付いていき、痛みや病が経過して改善していく、それを促進していくのが手当ての役割となります。

✔️全てお任せで改善して欲しい方。
⇒ ご自身でも身体に向き合う努力があって初めて、手当てが役立ちます。ご自身でも稽古に取り組む事で、身心改善が進みます。


当処は事前予約制です。
お申し込みはお電話、メール、ラインメッセージにてご予約出来ます。
ご希望の日時をお知らせくださいませ。

●LINE@のご案内

手当て下クリック

ID検索→@tenohira0207
身体の扱い方、身体感を育てるヒントを配信。お問合せ・ご予約もLINEメッセージからどうぞ。


お問合わせ

お申込み込み・お問合せ

手当ては完全予約制です。

お電話によるご予約・お問合わせ

お電話によるご予約・お問合わせは
090-6621-6907 

メールフォームからご予約・お問合わせ

※迷惑メールフィルターを設定の方は、tenohira0207@icloud.com を受信許可するように設定してからお問合わせ下さい。

※姓名を分けて入力してください。
※姓名を分けて入力してください。
※確認のため、もう一度アドレスを入力してください。
※ご予約後メールで連絡不通になる方がいらっしゃるため、ご連絡が取れる携帯番号等を入力してください。
※お問い合わせ内容、ご予約内容を入力ください。

LINE@からのご予約・お問合わせ

LINE限定の発信や、空き状況の確認、ご予約のお問い合わせまで。
タイムリーなやり取りが可能です!

画像手当て

ID:@tenohira0207



手当て師 あまるめ仁志

【住 所】 仙台市青葉区柏木(ご予約時に詳細お伝えします)

【予約日時】 10:30~21:00 [不定休]
 ※メール・ラインは24時間受付します。
 ※その他のでも身体が空いていれば、対応可能です。

【最寄駅】 仙台市営地下鉄南北線 北四番丁駅から徒歩7分

【駐車場】 近隣のコインパーキング(沢山あります)をご利用下さい。