手当ての手

手当ての手

手で他者に触れる、馴染む。

身体に感覚がやって来る、他者が伝わってくる。

我が身で感じ取り、我が身を通じて無自覚に氣付いていく。

するとその感じている身体は自然の働きをどんどん増してく。

氣、息、力の構成が変化していき、新たな身体を生み出してゆく。

研ぎ澄まされ不純物を除いた感覚になると、素直なありのままの身体の姿が観えてくる。

そのうち、身体の働きは収束を迎える。

自然に手は離れてゆき、手当てが終わる。

技を無理強いするのではなく、深く他者と馴染める手当ての手、それを成すのは身体全体の感覚の働き。

身体を感覚を洗練すること、基礎が何より大切なんです。

65446FEC-31B8-442C-95B1-B2262C284930.jpeg

▶︎手当てを受ける
https://bit.ly/35Ru5h1

▶︎手当て稽古
https://bit.ly/3IQP4ir

▶︎身体の稽古
https://bit.ly/3hM1sEk

●身体と心と氣を整える公式 LINE
手当て師 あまるめ仁志 の公式LINEです。
お問い合わせメッセージは24時間受付してます。

お問合せ

ID:@tenohira0207

身体の扱い方、身体感を育てるヒントを配信。
お問合せ・ご予約もLINEメッセージからどうぞ。

★ブログランキングへ

ブログ村 レイキ

コメント


認証コード0775

コメントは管理者の承認後に表示されます。