肩こりを通じて、身体に氣付く

身体を整える手当て師 あまるめ仁志 です。

午前中は、クライアントさまお二人に手当てをしました。

なかなか取れないという肩こりや頸筋、肩甲骨や背中の張りなどへの手当てでした。

手当てをするたび、氣になる凝りや痛みの場所、深さが変わっていくのです。

肩や背中の凝りや張りというのは、様々な表情をしてます。

例えば、肩や肩甲骨まわりの背中全体が凝っていると感じている処。

触れてみると、皮膚も張っていて、全体が盛り上がるようで、どこが凝ってるのかボヤけた印象があります。

手当てを進めていくと、ひと皮剥けたように皮膚とその下が弛み、その奥にはまた違う凝りの表情を現してきます。

その時、全体が凝っているという感じではなく、此処が痛い、此処が凝っていると自覚できるようになります。

そして、また手当てを進めます。

すると、またひと皮剥けたように凝りの表情が変わります。

そのうち、硬く寄り固まったような芯みたいな凝りが現れてきます。

まるで、タマネギの皮を一枚ずつ剥くように、肩こりなどは一歩ずつ解けていきます。

あるいは、何年も掛けて被せてしまった息の詰まる鎧を、少しずつ剥ぎ取っているかの様です。

決して、押し揉む事はしません。

揉んだり効果だけを求めて凝りを操作しても、必ずまた元に戻るのと、身体の感覚をさらに鈍らせてしまいます。

凝りには、そこから現れる表情や声があります。

そこを感じて、何が凝りを生んでいたのかに氣付き、自身の思い込みも剥いで新たにしていきます。

すると、肩こりという現れ方に変化が出てきます。

手当ては地道な身体との対話、と言えるのかも知れません。

今まで、それをしてこなかった分、時間もかかるのかも知れません。

でも、そうやって身体に感覚を取り戻していくことは、身心いのちに沿って生きるキッカケを与えてくれると思います。

7F6450F6-BDE0-474F-94EE-A22E6CE7BA99.jpeg

▶︎レイキ伝授の個人体験は随時受付してます。
https://tenohira.tejas.co.jp/index.php?仙台市_レイキ伝授

▶︎身体・氣・感覚を整える手当て実践体験【レイキ手当て伝習会】
https://coubic.com/suina_calendar/799992

▶︎今ここの感覚に向き合う【身体感覚の勉強会】
https://coubic.com/suina_calendar/639332

▶︎太極拳と武術の体験指導 1000円デス。
https://tenohira.tejas.co.jp/index.php?Wushu

●身体と心と氣を整える LINE@
手当て師 あまるめ仁志 の公式LINE@です。
ご相談・お問い合わせメッセージは24時間受付してます。

お問合せ

ID:@tenohira0207

家庭内やセルフケアで役立つお手当て法や身体の扱い方を、週に数回お届けしています。
ご予約やお問合せも、LINEメッセージからどうぞ。
記事の内容のご質問、ご相談なども大歓迎です。

★ブログランキングへ

ブログ村 レイキ

コメント


認証コード3167

コメントは管理者の承認後に表示されます。