麻のおがらを焚く

身体を整える手当て師 あまるめ仁志 です。

毎朝、神棚に手を合わせる時は、麻のオガラを焚きます。

オガラとは、麻の表皮を剥いだ後に残る茎を乾燥させたもの。

身体を整えるまでは行きませんが、身体の内側を動かす働きがあるようです。

また、部屋の空気感があまりよろしくない時…

そんな時もオガラを焚きます。

頂いたオガラが沢山あるので、掃除の後や、トイレの消臭、湿気取りなどいろんな所で使ってます。

いまは国産のオガラはなかなか手に入らないようです。

お盆時期が近くなると、中国産ですが麻のオガラがスーパーなどで売っていたりします。

お盆の迎え火、送り火などにも使われていたオガラ。

いまの我々が感じない何かを、古人は感じながらオガラを焚いていたのかもしれませんね。

麻のおがら

▶︎レイキ伝授の個人体験は随時受付してます。
https://tenohira.tejas.co.jp/index.php?仙台市_レイキ伝授

▶︎太極拳と武術の体験指導 1000円デス。
https://tenohira.tejas.co.jp/index.php?Wushu

●身体を調和する法 LINE@で配信中!
手当て師 あまるめ仁志 の公式LINE@です。
ご相談・お問い合わせメッセージは24時間受付してます。

お問合せ

ID:@tenohira0207

家庭内やセルフケアで役立つお手当て法や身体の扱い方を、週に数回お届けしています。
ご予約やお問合せも、LINEメッセージからどうぞ。
記事の内容のご質問、ご相談なども大歓迎です。

★ブログランキングへ

ブログ村 レイキ

コメント


認証コード4344

コメントは管理者の承認後に表示されます。