手当ての身体使い

手当ての身体使いというのは

身体をどう扱うか?

という方法論や

メソッド、理論

のようなものではありません。

手当ての身体使いは、手当てそのもの。

沿っているもの、唯一の型は、いのちの息。

いのちの息に沿わなければ、とんな有名なメソッドや理論でも、身体は佳くなりません。

どんなに長い歴史がある身体使いの型であっても、いのちの息に沿わなければ、身体にとっては何かが違っています。

知識、方法、メソッド、理論…

それらに身体を当てはめた時点で、身体にとっては何か違ってます。

息、詰まってませんか?

身心いのちにとって、それは佳いものでしょうか?

手当ての身体使いは、そういう問い掛けの中から、常に生まれています。

難しいけど、簡単。
簡単だけど、難しい。

そういう手当ての身体使い、見つけていくのは愉しいものですよ。

ある日の空

●レイキの手当てを学ぶなら LINE@
手当て師 あまるめ仁志 の公式LINE@です。
メッセージは24時間受付してます。

お問合せ

ID:@tenohira0207

家庭内やセルフケアで役立つお手当て法や身体の扱い方を、週に数回お届けしています。
ご予約やお問合せも、LINEメッセージからどうぞ。
記事の内容のご質問、ご相談なども大歓迎です。

★ブログランキングへ

ブログ村 レイキ

コメント


認証コード9607

コメントは管理者の承認後に表示されます。