手当ても稽古もどっちも大事

手当て師 あまるめ仁志 です。

昨夜の東京出張での手当てでは、手当て施術と身体の稽古をしました。

手当ては身体に手を当てていくのも大切ですが、身体を自ら使っていくことも大切にします。

そんな身体の稽古もしていたクライアントさまから、
何年も止まっていた身体の働きが戻ったと、嬉しい報告をいただきました。

身体の感覚に沿って身体を扱うことで、滞っていた何かが動き出す。

手当て施術はそのお手伝いをしますが、
身体を変えるのは、自分自身が身体との向き合い方を知ることで、より促進されます。

手当て施術と身体の稽古。
どっちも大切だなぁと改めて思いました。

●身体と氣を学ぶ LINE@
当処の公式LINE@です。
メッセージは24時間受付してます。

ID検索→@tenohira0207
LINEでお問合わせ→https://line.me/R/ti/p/%40obt3655k

家庭内やセルフケアで役立つ靈氣のお手当て方法や身体の扱い方を、週に数回お届けしています。
ご予約やお問合せも、LINEメッセージからどうぞ。
ご質問、ご相談なども大歓迎です。

★ブログランキングへ

ブログ村 レイキ

コメント


認証コード1853

コメントは管理者の承認後に表示されます。