武術と手当ての繋がるところ

重量感ある雲と青空が広がってる仙台。

重量感ある雲

昨夜は深夜に武術を稽古、今朝は手当てを稽古。
武術のような身体を壊すものと、手当てのような身体を整えるもの。

なぜ相反する二つをやっているのか?
自分でもよくわかりませんが、どちらもやりたいのでやっています。

実は武術と手当ては、繋がるところがあります。
それは、身体と向き合う中で現れてくる、共通点。

観念、知識、思考では知り得ないものが、身体と向き合うことから現れてきます。

人を倒す技と、人を癒す技。
相反する二つは、同じ根を持っているみたいです。

●身体感覚の勉強会にご興味ありますか?

身体を心の扱いを知る勉強会のご案内です。
https://goo.gl/aTbPdE

●レイキ手当てにご興味ありますか?

レイキ手当ての実践と体験の詳細です。
https://goo.gl/gUuWRi

●整体処LINEアカウントのご案内

ID検索→@tenohira0207
クリックして繋がる→https://line.me/R/ti/p/%40obt3655k

LINE @では、ブログやFacebookには投稿していない内容をメッセージでお届けしています。
個人的な質問、ご相談などのメッセージも大歓迎です。

お問合せ

コメント


認証コード8870

コメントは管理者の承認後に表示されます。