身体を使った掃除で、家の氣を整える

【身体を使った掃除で、家の氣を整える】

久々に雑巾掛けをしました。
家の全部屋と廊下、普段手を入れないような処も含めて、四つん這いしながら雑巾掛け。

いまの生活の中で、雑巾掛けをする機会はほとんどありません。
クイックルワイパーで床を拭いておわり!なんて人も多いはず。

でもこの雑巾掛け、とても佳い身体使いの稽古になります。

雑巾掛けをしてみると、腕だけでは床を雑巾掛けできません。
イヤでも!身体全体を使っての雑巾掛けになります。

四つん這いの姿勢ですから、腹と腰を使わないと左右にワイパーできません。
両手で雑巾を扱うと、尚更です。

普段深く落とさない腰を落とすので、足腰が固い人は辛いのですが、身体にはとても大切な運動になっています。

雑巾掛けを終えた部屋は、何か息もしやすくなります。
身体を使った掃除は家の氣を整えてくれます。
そのためには、息を詰めないように工夫して身体を扱います。

お問合せ

身体感覚が目覚める情報を配信!

517CE501-03DC-4A51-B34E-6669C020DD3A.jpeg

コメント


認証コード7661

コメントは管理者の承認後に表示されます。