仙台レイキ伝授|西洋レイキを深化するには

【西洋レイキを深化するには】

私が初めて西洋レイキ伝授を受けたのは、2011年の1月。
最初はレイキが何なのか怪しくて、でも確かめたくて受けました。

アチューメントという、レイキを使えるように身体に氣を通す所作(儀式)を受けるとレイキが出るようになり…
そして、その日からレイキが使えるようになります。

受けた時に感じたことをそのまま書くと、目を閉じている中で見えたのは、紫色の光。
それがずーっと、見えていました。

この光が何なのか、説明されたけど忘れちゃいました。
そして、アチューメントの後、手から何かが出ているというか、ちょっとした感覚を感じるようになりました。

レイキの使い方の説明は、ただ手を当てれば良いということと、何も考えずに手を当てることだけ。
あとは、自由に手を当ててみてね、という感じでした。

西洋レイキは、とても手軽に手を当てます。
だから、世界で広がったのでしょう。
それはとても良い反面、レイキに深みが無くなりました。

いのちを感じることで、深みは生まれます。
いのちを感じるためには、身体に感覚を戻さないと感じられません。

逆にいえば、西洋レイキにいのちを感じる感覚が加わることで、別物になり可能性が広がるということです。

テクニックを駆使しても、何も身体は変わらない事を経験した方も多いと思います。
それは、いのちを感じてないレイキだったからです。

いちどレイキを諦めたけど、ちゃんとやり直してみたいという方へ。

西洋レイキを深化する身体感覚のワークショップを募集したら、参加してみたいですか??

ワークショップに興味ある方は、LINE @かメールからメッセージいただければと思います。

レイキに興味あれば、レイキ伝授を受けている方、まだ受けていない方、どちらでもメッセージ受け付けます(^^)

お問合せ

ワークショップにご興味あれば、ぜひメッセージして下さい!

レイキ伝授のページへ>>

コメント


認証コード5571

コメントは管理者の承認後に表示されます。