大切な、背骨を立てること。

大切な、背骨を立てること。

背骨はレイキ手当てでは、とても大切になります。
手当てをする処としても大切ですが、その前に手当てする術者が背骨を立てることです。

背骨を感じ取れる人って、少ないです。
みな、頭では知っていても、自分の背骨を感じて動かすことは出来ません。

知識で知っていても身体は使えません。
背骨を立てるというのも、知っているだけでは無意味です。

レイキ伝授では、まず背骨で息をする事を伝えます。
背骨に息がある身体で触れて初めて、相手にも息が伝わります。

背骨がはっきりとしなくても、最初は大丈夫。
そのために、型を使っていくので段々と身に付けばよいのです。

レイキは、ただ手を当てればいい…というのは、そろそろ止めにしましょう。
見た目はただ手を当てているけれど…それ以前に感覚を開いた身体があってこそ、なのですから。

お問合せ

背骨に氣が通る⁉︎情報を配信しています!

画像の説明

コメント


認証コード7851

コメントは管理者の承認後に表示されます。